不動産投資 失敗

安易な気持ちの不動産投資は失敗します

 

 

 

相続などで家を入手したが、自分では利用する予定がないので、人に貸そうか。。と考える方もいると思います。不動産投資っていいよね?不労所得だし給料にプラスされるのであれば。ウハウハかも!?
なんて考えるかたも多いと思います。
くるくるも不動産投資をしています。が。あまり簡単には考えないほうがよいです。しかも思っているほど儲かりません。
中途半端な気持ちでやるのであれば、不動産投資はおすすめしません。空き家は売却したほうがいいです。やっている人間だからこそ本気で、やめたほうがいいです。

 

おすすめしない理由は
●思っているほどお金は残りません。
 管理は自分でやりますか?不動産業者にまかせますか?
 不動産業者にまかせる場合、ちょっとしたものが壊れるなどすると業者が対応します。軽微な修理などであっても最低でも1万円ぐらい。
給湯器など大きなものが壊れた場合、管理不動産屋の言い値で請求がきます。対応後の請求ですので払わざるをえません。数ヶ月分の家賃なんて簡単にふっとびます。
管理不動産屋はとても儲かりますが、大家さんは。。下手をすると何をしているかわからないぐらい儲からないです。
 自分で管理をやる場合、時間に自由のきく自営業などでないと、トラブルに対応できません。平日日中や真夜中。お正月お盆などの連休中にも対応が必要になることがあります。
サラリーマンでは相当難しいと思います。ただし、修理まで自分でできる!DIYが好きという方ならとても面白い仕事です。お金も残ります。

 

●トラブルや家賃滞納など問題が発生すると被害額がとても大きいです。
景気が悪いせいで、家賃滞納などのトラブルが最近はとても多いです。悪質な場合、入居者が入居審査のときにウソをつくなんてこともあります。民法上、借りる方が立場的に弱い(!?)ということで、
守られています。警察も役所もトラブルの際、決定的な対応はできません。道路にナンバーなしの車を1年間放置しようが、空き地を勝手に使いゴミで2年間占拠しようが、逮捕されないんですよ。不思議ですよ。家賃滞納が3ヶ月以上になれば裁判で追い出すこともできますが、追い出すころには家賃滞納額も含め数百万円の損をすることも
珍しくありません。くるくるは悪質家賃滞納者にあたってしまい、被害額150万円の損害を受けました。手広く不動産投資をしているので、損害額をカバーできましたが、1軒だけ貸家をしていて、はずれの入居者だったら。。!?負債を抱え込むだけになります。

 

●最終的に残った家は結局、売却するか解体することになります。

 

現在人口減少が社会的に著しいため、一般住宅地の土地価格は下がり続けています。建物ももちろん経年変化で価値が下がります。ある程度貸家として稼いでも最後は「売る」か「解体する」かになります。
解体して土地だけにしても、人気の地域でない限り買う人はいないでしょう。解体費用約100万円を負担した上で、税額の上がった土地を持ち続けますか?
貸家にして使い倒してから売却。。。は。築年数が経過した家では売却するのは難しいと思います。
少しでも土地が高いうちに。家が新しいうちに売却して現金にしてしまうのが一番いいです。

 

 

くるくるが不動産投資をおすすめする条件は。
空き家が人気のある地区にあり、とても立地のいい住みやすい場合に、積極的に勉強して不動産投資をしよう!と思っている方だけです。

関連ページ

不動産投資をするなら
不動産投資は本気で取り組んでこそ成功します。専門知識も必要ですが、おさえておきたい不動産業界の常識。

トップページ 家を売る 家を買う 家を貸す 賃貸トラブル裁判 サイトについて サイトマップ