物件 探す

良い物件を探す方法

 

ネットで検索すれば、物件の情報はたくさん出てきます。あなたが住む家を探すなら、あなたと家族が納得できる家を探せば良いのですが、投資用の物件だと自分が納得しただけでは不十分です。今後貸家にして入居募集をする際に、なるべく多くの人が「住みたい」と思える物件でないと意味がありません。つまり、投資用の物件のほうが探すのが大変なのです。投資用物件は人気のある良い物件が多いですので、あとで売却する際にも有利になります。投資用物件を探す手順を紹介しますので、その中からご家族が住みたいと思う家を探してみてください。

 

探す場所は、ネットと不動産屋の2つになります。

 

まずはネットで情報を調べましょう。
インターネット上にはたくさんの不動産サイトがあります。ホームズ・アットホーム・スーモ・チンタイ・いい部屋ネットなどなど。

良い物件を探す


売買物件が多いサイト、賃貸物件が多いサイト、賃貸のみの専用サイトなど種類がありますし、たいていの不動産屋はどれか1つのネットワークを利用しています。そのため例えばホームズに掲載の物件がアットホームには掲載されていないなど、よくあります。全部を調べるのはなかなか骨が折れますがよい方法があります!

 

それが、ニフティ不動産 http://myhome.nifty.com/ です。
この不動産サイトは、他のサイトと大きく違う点があります。それは、「複数の不動産サイトの情報がすべてまとめて掲載されている」のです!
アットホーム・ホームズ・スーモ・不動産なび・センチュリー21・いい部屋ネット・アパマンショップ・など!15のサイトの物件がまとめて検索できます。
これなら、ネット上の物件はこのニフティ不動産だけチェックしていればいいので、大変楽になります。

 

 

不動産の物件の情報は、実はすべてネットに掲載されているわけではありません。なぜなら不動産サイトに掲載するには費用がかかるからです。

良い物件を探す


なのであまり売り急がない物件や、なかなか動かないであろう物件などは不動産屋にしかない場合があります。ネットに掲載されていない分、競争が少ないので、掘り出し物に出会えるチャンスは大きいです。
地元の不動産屋。有名大手でないところは、ネットに掲載されていない物件が多いですので、不動産の勉強もかねて、いい物件がないか相談に行ってみましょう

 

 

関連ページ

中古住宅をすすめる理由
投資用はもちろん、自分たちが住む家を買うのも最初は中古住宅がおすすめです。その理由はこちら。
物件を選ぶ基準【資金回収】
良い中古住宅を選ぶための基準を公開!購入代金を回収するには。。?くるくる流の選定計算方法。
物件を選ぶ基準【立地・建物状態】
中古住宅を選定する基準のポイントはここ。不動産の立地と建物の状態がとても重要なのです。

トップページ 家を売る 家を買う 家を貸す 賃貸トラブル裁判 サイトについて サイトマップ