家売るオンナ 感想

北川景子主演ドラマ「家売るオンナ」から学ぶこと

 

 

くるくるはドラマはあまり見るわけではないのですが、不動産業界のドラマだということで、この「家売るオンナ」を途中から見始めました!

 

最初はドラマCMを見ていると、主演の北川景子が怖い顔で「GO!」とか叫んでいるので、かわいい女の子が好きなくるくるとしては、「ないな。」と思って見ていませんでした。しかし、藤原竜也主演の「そして誰もいなくなった」があまり面白くないというのもあり、こちらも見て見ることにしたのです。

 

『家売るオンナ』公式サイト - 日本テレビ

 

内容は。「私に売れない家はない」と豪語する美人でやり手の天才不動産営業ウーマン三軒家万智の活躍するドラマです。今のところ。最後はどうなるのかわかりませんが。なかなかどうして面白いのです!しかも実はためになる!!

 

ドラマの内容から、押さえておきたい不動産知識を挙げていきたいと思います!

 

 

なぜ三軒家万智には家が売れるのか?!高く売るには【第4話】

 

最初にお断りしておきますが。ネタバレがありますので、ご注意ください。(^^)

 

 

第4話では。

「家売るオンナ」から学ぶこと


ホームレス風の男性と三軒家万智(主人公:北川景子)たちとで、公園で酒を酌み交わしながら、こんな会話をします。

 

ホームレス男性:死ぬ前に食べたいものは何だ?
三軒家:私は白いご飯です。炊きたてのごはん。
ホームレス男性:俺もそれだ。死んだおふくろが炊いた白い飯だ。

 

このホームレス男性が実は大手電器メーカーの会長で、若いころから、かまどに負けない電気釜をつくることを目標としていた人だったのです。

 

三軒家がこの男性に紹介した物件は!富士山が見え、部屋数、広さも十分な住宅。そして。特別な部屋として!お釜でごはんのたける「かまど」のある家でした!
そしてこの家を、現在の相場の2倍の3億円で売る!男性は喜んで購入するのでした。

 

ポイントは。男性は3億円の家を「喜んで」購入したところです!
相場の2倍。。という金額ですが、金額を決めるのは相場ではありません。購入する方の価値観です。
このかまどのある家。別にほかの方であれば、なんの意味もない設備です。売主の方も、かまどをどうしようかと悩んでいたようでしたね。

 

一般に売りに出ている家でも、一緒です。購入する方が価値がある!欲しい!と思う物件が売れることになります。
そのための情報は、売り手側のあなたや不動産屋が、PRする必要があります。
部屋数の多い家がいい。庭に芝生のある家に住みたい。買い物や通学に便利な家が良い!
PRポイントは、かならず把握しておきましょう!

 

この話のように、欲しい!と思われる物件であれば、高く売れる可能性がぐっと高まります。(^^)

 

それにしても、北川景子演じる三軒家万智!笑顔もまったくないけど、実はいろいろありそうですね!今回は以前ホームレスだったことを告白!ただの愛想のない女性ではないんですね!今後がちょっと楽しみです。

不安をなくす!冷静になる!【第5話】

 

 

最初にお断りしておきますが。ネタバレがありますので、ご注意ください。(^^)

 

 

第5話のあらすじ

「家売るオンナ」から学ぶこと

 

30代後半のおひとり様女子、草壁歩子(山田真歩)が、三軒家万智(北川景子)が作成した完璧なチラシを見て、4000万円のマンションの購入を決意!契約まで完了した。
ところが、別の30代後半のおひとり様女子、日向詩文(ともさかりえ)が、この物件を気に入ってしまった。
そこで三軒家と同じく営業の庭野(工藤阿須加)が、同じマンションにもう1軒、売却予定の物件を見つけ、おひとり様女子2人にそれぞれマンションを用意することができた!これでひと安心。。。!と思った矢先。2人とも「貯金が無くなるのが不安」「35年もローンを払い続けられない」と、マンション購入をあきらめると言い出した。
そこで三軒家万智が、アリとキリギリスの童話を引用して、
「貯金がなくなるのが不安」という草壁には、「地道な仕事を10年続けたことに誇りを持ってください」と自信を持たせ。
「ローンを払い続けられない」という日向には、「今この瞬間を謳歌するのが人生。苦しくなったらマンションは売ればいい」と。2人を安心させマンションを無事販売したのでした!

 

 

人の気持ちというのは、波があります
結婚を決めた後に、不安になることがあります。マリッジブルーというやつですね。
高額なものを購入した後に、本当によかったのか?と不安になることがあります。
冷静になれば問題ないことなのですが、購入したものが、払った金額に見合う価値がある!ときちんと伝えましょう!
1000万円の現金を1000万円の現金と交換するなら、何の不安も生まれませんよね。
1000万円の現金を、1000万円の価値があるかどうかわからない不動産と交換するから不安になるんです。
1500万円、2000万円の価値がある!と買主が考えられる不動産なら。。。!?不安なんか出ないんです。

 

十分にあなたの家の良いポイントを説明してあげましょう!きっと、キャンセルはなくなります。(^^)

 

ところで!三軒家万智の長ゼリフ!校正という地味な仕事を続けたことに誇りを持ってください!!という応援メッセージ。なんかいいですね!表情は崩れず笑顔もないですが、内面はすごく感情的な女性なんでしょうね!ちょっとこう。今後に期待しちゃいますね!?以前ブームになったドラマではありませんが、最後に家政婦のミタさんは笑うのか!?的な!!(^^)

欲しい人に買ってもらえばいい【第6話】

 

 

最初にお断りしておきますが。ネタバレがありますので、ご注意ください。(^^)

 

第6話あらすじ。

「家売るオンナ」から学ぶこと

 

三軒家万智(北川景子)が配属になったことで営業所内売り上げトップの座を奪われ、2番手となった営業の足立(千葉雄大)のもとに、数年前に家を買っていただいたお客様の宮澤和之(東根作寿英)が現れた。今度は愛人のマンションを探してくれと頼まれたのである。家を売ることで家庭の幸せの手伝いをしていたと考えていた足立はショックを受ける。その後、愛人の存在が宮澤の奥さんにバレて、足立のせいだと追求されるが、「不動産屋ができるのは、家を売ることだけ。それ以上でも以下でもない!」万智(北川景子)のアドバイスにより足立も割り切って、愛人に手切れ金としてのマンション購入をすすめ、契約になる。

 

三軒家万智(北川景子)の営業所に、本社から事故物件を売却せよとの依頼が入った。一般に事故物件は格安ではあってもなかなか売れない。「私が売ります!」と宣言し、万智はすぐに動きだす。一般のお客は、殺人事件の詳細を万智から聞くと、おじけづいて購入をあきらめてしまう。ところが万智は「死」が日常である病院のナースステーションや、葬儀屋にチラシを配り、見事、この事故物件を売却するのであった。「私に売れない家はない!」と。

 

不動産は人気投票ではありません買ってくれる人がひとりいればいいのです。なにか条件が悪いことがあっても、それを気にしない人ならばちゃんと売れます
家が狭い・・・お年寄り夫婦など、狭い小さな家を探している方がいます
田舎だ・・・犬の散歩などするのに、田舎のほうがいいという方がいます
お墓が近い・・・くるくるの実家もお墓の近くですが、なんとも思いません。全然気にしない方も確実にいます
と。こんな感じです。

 

あなたの家の悪い条件も、気にならない方がきっといます。売りに出す前から悩まずに、思い切って行動してみましょう!(^^)

やる気があればできるようになる【第7話】

 

最初にお断りしておきますが。ネタバレがありますので、ご注意ください。(^^)

 

第7話あらすじ

 

新宿営業所のダメ社員、白洲美加(イモトアヤコ)の母親が突然、仕事場に現れる。父親が浮気して家を出て行ったので、離婚をする!そして家も売却すると言うのだ。白洲美加は大反対するが、母親はどうしても聞き入れない。娘では家を売却できないと考えた母親は、上司である三軒家万智(北川景子)と売却の話をすすめ、老朽化した家は取り壊して、土地だけにして売却する方向で話をすすめる。

 

自宅に思い入れの強い白洲美加は、家を売却するのはしぶしぶと賛成する。しかし、家を壊されるのは思い出が壊されるようでイヤだ!と必死で中古住宅として販売しようと今まで見せたことのないような熱意で仕事をしはじめる。白洲美加の必死の努力で、現地見学会に内覧者は来場するが、家は古いので土地だけ欲しい客ばかり。頼みの綱と思った客も、家が狭いということで、結局中古住宅としては販売ができなかった。

 

結局、三軒家万智が土地として購入するお客を見つけ、住宅が取り壊されることになる。その当日、白洲美加は取り壊し予定の家に立てこもり必死の抵抗をする。説得にあたった三軒家万智が白洲美加に伝えた言葉は。。。「家に執着するな!幼少期に家にこだわって執着したため、過去に縛られて、こんな風に「家を売ること」に執着している。あなたはわたしのようになってはいけない。過去から自分を解放しなさい!解き放て!」でした。

 

白洲美加は「解き放たれました!!自由になりました!」と。自宅取り壊しに賛成したのでした。

 

 

今回のお話は。。。!不動産がらみのノウハウはありませんでした。。(^^;)が。ひとつだけ。

 

万年ダメ社員かと思われた白洲美加(イモトアヤコ)が、必死になることで自主的にチラシをまき、お客を呼ぶという、大きな変化が生まれた!
人間、本気になれば、何でもできるんだな。。!ということで。(^^)

 

白洲美加!今までキャラとしての魅力は全く感じなかったのだけれど。。。(^^;)今後面白くなってきてくれるといいですね!

アイデア勝負!で幸せな空間を【第8話】

 

最初にお断りしておきますが。ネタバレがありますので、ご注意ください。(^^)

 

第8話あらすじ

 

テレビで大人気のお天気お姉さん・前原あかね(篠田麻里子)がマンションを購入したいと、新宿営業所にやってきた。担当となった足立(千葉雄大)と庭野(工藤阿須加)は上機嫌!。ところが前原あかねは実は結婚しており、タバコをふかし高飛車な態度とテレビとはまったく違う実態に足立と庭野はがっくりと気を落とす。しかも前原あかねから担当を変更しろとの連絡があり、担当は三軒家万智(北川景子)に変更となる。
突如トラブルで、前原あかねが既婚だということがバレてしまい、人気はガタ落ちに。三軒家万智が、ダンナと二人なら必ず今後もやっていけると、気象予報士のふたりのために、天窓つきのマンションを紹介して無事に販売する。
一方、新宿営業所所長の屋代(仲村トオル)を突然訪ねてきたのは、屋代の元妻の理恵(櫻井淳子)。再婚と家の売却とマンションの購入を同時にもちかける。再婚と仕事とごっちゃになった屋代(仲村トオル)は、三軒家万智(北川景子)にどうしたらいいか相談。「家は売ればいい。再婚は断ればいい」という万智のストレートなアドバイスで迷いが消え、この先ひとりでやっていくのが寂しい元妻の理恵には、部屋数が多く広すぎてもてあましていた物件を紹介し、同じ境遇の友人たちと一緒に住むように提案し、理恵も楽しそうに納得するのだった。

 

 

いろいろありますね!?不動産って。
賃貸にする。共同購入する。シェアハウスにする。いろいろなアイデアで家を売り続ける三軒家万智(北川景子)は、やっぱりすごい!ドラマとはいえ!?

 

それにしても、篠田真理子。AKB卒業してから?なんだか魅力がなくなっちゃったような気がするのはくるくるだけではないはずだ!見た目は相変わらずかわいい?んだけどな。。なんだろうね?

 

 

家は条件で買うんじゃない「気持ち」で購入するのだ【第9話】

 

最初にお断りしておきますが。ネタバレがありますので、ご注意ください。(^^)

 

第9話あらすじ

 

新宿営業所内で、庭野(工藤阿須加)と足立(千葉雄大)は若夫婦・老夫婦それぞれに最適と思われる家をたくさん案内するが、いつまでたっても成約にはならない。調べてみると実はこの2組の客は親子だということが発覚。
玄関が2つで完全分離の2世帯住宅を三軒家万智(北川景子)がこの家族に提案をする。
いがみあっている嫁姑は実は似たもの同士だったのです。遠くて近い近くて遠い。この2家族に最適な家なのでした!

 

長女のナイジェリア人の恋人は、2世帯の間の壁を壊せと主張するが、「ナイジェリアでの尊い文化とはまた違う。ここは日本。奥ゆかしく相手を思いやる日本の美徳。距離感のあるさりげない愛情表現は日本独特の文化。日本人の妻をもつのですから、そういう文化も理解していただかないと困ります」と三軒家万智が言い切るのでした。

 

最初は2世帯住宅なんて!と言っていた2家族も、気持ちが変わったら購入する決意をしました。
物件のほうは何も変わってません。ドラマとはいえ、営業の影響力って大きいですね!

 

「私に売れない家はない!」とは「必ず欲しい人がいる!」ということ【第10話】

 

最初にお断りしておきますが。ネタバレがありますので、ご注意ください。(^^)

 

第10話あらすじ

 

新宿営業所メンバーがよく利用しているバー・ちちんぷいぷいがビルからの立ち退きを迫られた。ビルを解体して土地を売却するということだ。オーナーのこころ(臼田あさ美)は所長の屋代(仲村トオル)に相談をもちかける。屋代は空きテナントの目立つビルに新たなテナントをつけ、ビルを残したまま売却しようと計画して、営業所員一丸となってテナント探しをすすめる。
一方三軒家万智(北川景子)は、元バレリーナの望月葵(凰稀かなめ)の担当となり、足の不自由な娘のカンナ(堀田真由)のためにバリアフリーの家を探す。
ところが実はカンナの足はもう治っていた。バレリーナとして挫折してしまったため、足が治っていないフリをしてバレエから遠ざかっていたのだ。
ちちんぷいぷいのビルに少しずつテナント契約が増えていっていたところ、営業所に本社から電話がかかってくる。実はそのビル周辺の再開発をしているのは本社だったのだ。所長の屋代は上層部から、このビルからは手を引けとの命令が下った。屋代はこころには別のテナントを探してやろうと所員と話し合っていた。
そこへ三軒家万智が割り込んでくる。会社の命令に背けない屋代に向かって「会社の犬!」と怒鳴りつける。「大切なのは私が預かったお客様の人生です!会社をクビになっても構いません!」そう言って出て行くのだった。
そして、ちちんぷいぷいのビルをまるごと!元バレリーナの望月葵(凰稀かなめ)に売却が無事に完了する。

 

屋代は三軒家万智を辞めさせたくないので、この売買は屋代がやったとこにしようと話すが、三軒家はこれは私の売り上げ!と拒否。
仲良く二人で辞表を出そうと話す。

 

そして1年後。。。海のきれいなどこかの田舎で自転車にのる屋代。
もどってきた建物には「サンチー不動産」の文字。事務所には三軒家万智が営業の電話を取っていた。

 

 

いやあ。最終回でした!
屋代とサンチーは結婚したのかな?なぜ田舎に?などなど詳しく知りたいのはやまやまですが、楽しいドラマでした。
今期一番面白かったですね!イモトは最後まで大根役者でしたが。

 

結局、三軒家万智は最初から最後まで無表情でGO!と行っていましたが、内面はとてもやさしい女性なのもわかりました。
以前やっていた北川景子のドラマ「悪夢ちゃん」よりも面白かったですね!ももいろクローバーZのファンでしたので見ていましたが、あちらはイマイチでした。(^^;)

関連ページ

家を高く売る5つのポイント!プロの極意【保存版】
あなたの家を高く売るには、5つのポイントを押さえてください。家族を巻き込んで高く売ると決意すること。過去の売買実績。現在の他の家の販売中の価格。プロの目を通した今後の売却査定見積り。よい不動産屋の営業の人を見つけることなど!不動産のプロが詳しく解説します。
空き家は税金を払うだけの負債!
実家が空き家になっている場合、早く見切りをつけて処分がおすすめです。あなたに、知っておいてほしい後悔なく売るための方法と手順を説明します。
住宅ローンが払えない!段階的に解決する9の方法
住宅ローンが払えなくなった場合には、その状況に応じて段階的に解決方法があります。個人再生・不動産担保ローン・住宅ローン借り換え・任意売却・自己破産まで!今すぐ対策しましょう。
買取査定で不用品を処分しよう!
家を売るときには、不用品がたくさん出ます。捨てるよりも賢く専門業者に買取をしてもらって、リサイクルをしましょう!
状況別・家を売るには
家を売るといっても、状況によってやり方が違います。それぞれの場合について説明します。
家売却コラム
家・マンション・一戸建てなどの不動産の売却に関する記事いろいろ
基礎知識これだけ知っておこう
家を売るときには、基礎知識としてこれだけは知っておいてください!人まかせでは絶対にダメです。

トップページ 家を売る 家を買う 家を貸す 賃貸トラブル裁判 サイトについて サイトマップ