家 買い替え

家を買い替える場合

 

 

家を買い替える場合

今まで古い実家に住んでいたけれど、新しく家を購入する!とか。中古住宅にすんでいて、また今度別の中古住宅を購入して住み替える!など。あると思います。

 

中古住宅を売れば金額的にとても大きいですね。売却した資金を新しい家を購入する費用にまわしたいところです。しかし、タイミングを取るのが難しいです。しっかりと計画を練って効率的に引越しをしたいものです。

 

 

売却する家がもう古い場合、そもそも売りに出してもそれほどの値段がつかない場合は、家を買って引っ越しを先にしてしまったほうがラクですね。そこまで高くならない家の売却のほうは住み替えてからゆっくり売ればいい。タイミングが難しいのは、今住んでいる家を売却して、その資金を次の家の購入の資金にする場合です。

次の家を決めておいて、売却できたらすぐに引っ越す。。!!?ということができればいいのですが、タイミングが悪いと、一時的にマンションなどに引っ越して、その後次の家に引っ越す。。!なんてことになるかもしれません。購入先・売却先それぞれの営業担当者と事前によく話をしておく必要がありますね。引越し代や、敷金礼金など費用がかさんでしまうかもしれません。

 

関連ページ

実家が空き家になった・空き家を相続した場合
実家が空き家になった。空き家を相続した場合。

トップページ 家を売る 家を買う 家を貸す 賃貸トラブル裁判 サイトについて サイトマップ